zizphous

浮かぶだけなら死んだ魚でもできる(S・マイルズ)

ひさびさの旅、屋久島に行って来ました。
最後に登山してから20年以上経つ。
快晴で、登りは楽しかったけど、
下りは、膝が痛くなるほどきつかった。
縄文杉は、近寄れなくて迫力なく今一。
それから野生のシカとサルが見れたのはよかった。
それと大川の滝も。

f:id:ishiina198:20161113112257j:plain

f:id:ishiina198:20161113112348j:plain

f:id:ishiina198:20161113112422j:plain

縄文杉(網がはってあり、近寄れなかった)

f:id:ishiina198:20161113112516j:plain

大川(おおこ)の滝

f:id:ishiina198:20161113211637j:plain

f:id:ishiina198:20161113112543j:plain

民宿 苺一笑(いちごいちえ)にて鎌田さんの友人、福島の人たちといっしょに

ゆ う き

f:id:ishiina198:20161010201611j:plain

安全な場所に身を置いて勇敢であるのは簡単なことだ。
          ‥‥イソップ(古代ギリシャの寓話作家)

真の勇気とは、人前でやっていることを
誰も見ていないところでも実践できることである。
          ‥‥ラ・ロシュフコー(フランスの作家)

流れに逆らって泳ぐには力と勇気が必要だ。
浮かぶだけなら死んだ魚でもできる。
          ‥‥サミュエル・マイルズ(イギリスの作家)

勇気とは、怖れに抵抗すること、怖れを支配することであって、
恐れがないことではない。
          ‥‥マーク・トウェイン(アメリカの作家)

すべての得の中で最も偉大なものは勇気だろう。勇気なくしては、
ほかのどんな得を保つこともおぼつかないのだから。
          ‥‥サミュエル・ジョンソン(イギリスの文学者)

死ぬよりも苦しむほうが勇気がいる。
         ‥‥ナポレオン・ボナパルト(フランスの軍人・政治家)

本物の勇気とはすべて、内なる良心から生まれるのです。
勇敢であるためには、良心に従うことを学ぶべきです。
        ‥‥ジェームス・フリーマン・クラーク(アメリカの聖職者)

常に勇気ある行動が人の心を打つことを
忘れてはならないと思います。
          ‥‥安藤 忠雄(建築家)

       「ギフト~E名言の世界~」2010年11月号より抜粋して

い の ち

「宗教書、哲学書、文学書などを乱読するうちに、

何かから解き放たれていく自分を感じた。

人間であることの悲しみが薄らいだわけではない。

本を読むことによって、

むしろその悲しみは動かしがたいものになっていった。

しかし、そのほんとうの悲しみを知ってしまったのは、

私だけだないということに気づいたのである。」

「ひとりのいのちは、多くの人々の中に分配されて存在している。
分配されたいのちは、分配された人のものなのである。
いのちは自分だけのものではないということと、
創造を絶する長さの歴史を持っているということが、
いのちが尊いゆえんであると思う。」
           ‥‥柳澤桂子著「いのちのことば」より

f:id:ishiina198:20161010210710j:plain

メディアの広める情報

圧倒的多数の人々は自由なる意志に基ずいて、己の意見や立場を決定していると無邪気に思い込んでいる。
あたかも自身の意思で、さして必要もない商品を嬉々として買い求め、インタビューに際しては10人中9人が自分自身が考え抜いた意見であるかのように、TVキャスターや新聞の論調を反復する。
そして選挙ともなれば、自分や自分と同じ境遇の人々の利害に明らかに反する政策を推し進める政党に投票したりする。
それが、情報操作の結果であるなんて露ほども疑わない。
                       ‥‥米原万里著「打ちのめされるようなすごい本」より

f:id:ishiina198:20160810205205j:plain

ヤラウの実 Ⅳ

アスファルトの歩道の端っこに落ちた実が、西日に照らされて黄金色に輝いていた。

f:id:ishiina198:20160730182607j:plain

 鉛筆、色鉛筆 etc  (2013.11.18)

「書くことは治療法のひとつの形である。書いたり作曲したり描いたりしない人々はすべて、どうやって(孤独からくる)狂気やうつ病や人間に固有のいわれのない恐怖からうまく逃れているのかと、わたしはときどき不思議に思う」
             …グレアム・グリーン(1904~1991)イギリスの小説家

ちっちゃい海

f:id:ishiina198:20160718094257j:plain

窓から、となりの家の向こうに遠く少しだけ青い海が見える。

散歩しよう、今日も暑くなりそうです。

 

 

静けさに帰る

萬物は
生まれ、育ち、活動するが
すべては元の根に帰ってゆく。

それは静けさにもどることだ。
水の行く先はーーー海
草木の行く先はーーー大地

いずれも静かなところだ。
すべてのものは大いなる流れに従って
定めのところに帰る。
(そして、おお、再び甦るのを待つ。)
              ‥‥老子第16章 から抜粋

‥‥「人生は愁(かな)しみだ」とありましたけれど、それは社会での生存競争から来るのでしょう。そこから抜け出すと、命の喜びや美しさが見えるようになると思うなあ‥‥‥。
 
 ライフエナジーというのは、生きているものを何とか生かそうと励ます。動植物すべてがその生かそうとする力に従って生きてゆく。憂いや死への恐れでは生きてはいない。人間も動物ですからね。本来は喜んでライフエナジーの働くままに生きていけるはずです。
 
 でも所有と競争の社会にいると、時には欲や恐怖にとらわれる。だけど、個人としての僕たちは、いつでも、このアンバランスを回復して、喜びのこころを起こせるんでしょうね。
 
         ‥‥加島祥造帯津良一著「静けさに帰る」風雲舎より

f:id:ishiina198:20160715182128j:plain